エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

安倍首相の来訪をエストニアのメディアはどう伝えたか

日本のリーダーとして初のエストニア訪問 11月12日、安倍晋三首相が日本のリーダーとして初めてエストニアを訪問しました。日本国内では「安倍ちゃんがなぜか東ヨーロッパ諸国に北朝鮮の脅威を宣伝しまくるツアー」などと揶揄されているようですが、訪問国側…

子どもたちを狙う嫌がらせ動画「エルサゲート」の撃退方法

「エルサゲート」動画は日本語タイトルでも配信されていた 先日発表した「エルサゲート」についての記事に大きな反響をいただいております。記事中で「日本語圏ではまだこのような動画の氾濫は見られない」という旨のことを書いてしまったのですが、調査を進…

ローガン・ポールに対する有名YouTuberたちの反応まとめ

(ローガンが渋谷で暴れた動画で背後にたまたま映りこんでいたいわゆる「キリスト看板」をキリスト看板ジェネレータの復活 (β)を使用させていただき再現しました) まだまだ炎上が収まる気配がないローガン・ポール事件ですが(このあと何食わぬ顔でYouTube…

子どもたちを狙う危険な動画コンテンツ「エルサゲート」って何だ?

日本ではまだ知られていない新語「エルサゲート」 日本で度が過ぎる迷惑行為の数々を行ったYouTuber、ローガン・ポールの件についてフェイスブックに書いたら、さすがに世界的に大炎上している事件だけあって友人たちからえらく反応がありました。 そのうち…

あけましておめでとう!今年はエストニア独立100周年!

あけましておめでとうございます。みなさんお元気ですか? お正月はどのようにお過ごしでしょうか。わたしは大晦日から翌朝まで学生寮で友人たちをパーティーをしていましたが、年越しはタリン中心部の「自由の広場」に出かけて新年の到来を祝っておりました…

貧困層は子どもを持てない日本、経済力に関係なく子持ち率の高いエストニア

日本は「経済力によって子どもを持てるかどうかが左右されてしまう」国 さいきん周りで結婚したり子どもが生まれたりという話をよく聞くんですよね。日本の友達のことではなくて、エストニアで知り合った、主に大学での友人たちの話です。 「学生結婚をして…

今年もいろいろあったネ!エストニアの10大ニュース2017

(ラエコヤ広場のクリスマス市場/タリン) 今年も間もなく暮れようとしています。わたしは冬休みの間にもエッセイの課題や試験があるのであまりのんびりブログを書いていられないのですが、せっかくなのでここらで2017年を振り返ってみましょうかね。 「エ…

「外国人技能実習生像」が建立される日

20XX年。 アメリカ西海岸の州にある街、G市。この街の市議会では、「日本国により奴隷労働を強いられた外国人技能実習生の像」の建立の是非をめぐって公聴会が開かれていた。 「日本政府は、国際的な非難をあびていたにもかかわらず、長きにわたりアジア各国…

「日本スゲー!!」の次は「日本ヤベー(悪い意味で)!!」のブームが来るかな??

「日本スゲー本」は「爺さん向けの紙のキャバクラ」 9月に北京の大学から来た留学生、「日本に来て久々に現金に触りました!」「寮に暖房がないので、こんなに寒い冬は久しぶりです!」等々、中国の一昔前の生活を日本で満喫している模様。 — desean takaha…

BBC日本語版が高須センセイに「配慮」されていらっしゃるっぽい件

BBC日本語版の報道が本家と大幅に違うという事実 前回に引き続いて「昭和天皇独白録」関連の記事です。 <前回の記事> www.from-estonia-with-love.net 高須クリニック院長による「昭和天皇独白録」原本の落札は国際的なニュースになりましたが、日本と海外…

ネトウヨさんたちは「昭和天皇独白録」について何か勘違いしているのでは?

本日12月8日は太平洋戦争開戦の日ですが、日本では終戦後に記された文書についての話題で盛り上がっているようですね。 www.japantimes.co.jp ポツダム宣言受諾以降、「いかに天皇の戦争責任を回避して皇室を存続させるか」は日本政府にとって最重要課題だっ…

高度技能外国人からの人気、日本は見事にアジアでビリッケツ

「高度技能人材からの人気」日本はアジア最下位 先日のジャパンタイムスに掲載された『高度技能人材からの人気、日本はアジア最下位』という記事が話題になっているようです。 www.japantimes.co.jp Japan ranks last among 11 Asian nations for its appeal…

「慰安婦問題」っていつまで蒸し返し続けたら気が済むの?

当たり前のことですが、この件はただでさえ人権状況について批判されることが多い日本の国際的評判を、さらに引き下げようとしています。世界中から「そうか、やはり日本はかつての侵略戦争や植民地支配を反省していないんだ…」とドン引きされています。

「PCは借りろ」の日本、「ネット接続は国民の権利」のエストニア

エストニア政府はいまから17年も前の西暦2000年に、「インターネットへの接続は、国民の基本的な権利として保障する」という立法を行っています。

留学予定者のための「滞在先の国の物価・家賃・治安情報の調べ方」

留学に必要な情報のほとんどはインターネットで調べられる 物価の調べ方 家賃の調べ方 治安情報の調べ方 大学への出願方法の調べ方 留学に必要な情報のほとんどはインターネットで調べられる 当ブログの問い合わせフォームを通じて、たまーにですが「エスト…

【コラム】母親や小さな子どもへの攻撃は日本の風物詩

日本のニュースを見ていて「ああ、日本はいまこんな感じなんだなあ」という感慨に浸れるのは「新嘗祭が行われました」とか「今年の紅白の出場歌手が決まりました」とかいった話題ではなく、やはり「日本の中学校では素手で便所掃除をさせる運動が盛んです」…

「日本の外国人奴隷の真実」を伝えるドキュメンタリーが155万回再生

「言語の壁」による日本の孤立 以前の記事で書いたとおりわたしはエストニア人の女子高生ボーカリストとジャズ・ユニットを組んでいるんですが(新学期が始まってからは活動を休止しておりますが)、先日唐突に彼女からこんなメッセージが来ました。 「なん…

「電子政府の実現によってエストニアから会計士が消滅した」というのは嘘

11月20日に日本で発売された「週刊エコノミスト」に、わたしが寄稿した「エストニア『会計士が消滅』のうそ」という記事が掲載されています。先月末くらいにこの経済誌の編集部から連絡がありましてね。問い合わせの内容というのが、「エストニアでは行政機…

初めてのロシア! サンクトペテルブルクに行ってきます

みなさんお久しぶりです。 わたくしはこのところ夕方まではコツコツとお勉強、夜はバンドのリハーサルかライブかジャム・セッションという忙しくも充実した日々を送っておりますが、明日からしばしバケーションを取ります。 学生団体のツアーを利用して、5泊…

エストニアが「異常に女性が多い国」である件について

エストニアは男性100人に対して女性が113人という、男女比がかなり偏った人口構成の国です。なぜでしょうか。

「組体操」が嫌なんだったら学校を休めばいいだけなんじゃないの?

人権後進国の野蛮な事件が世界を駆けめぐる 「大阪の高校で、生まれつきの髪色を人工的に染色するように教諭から強制されて深刻な心身の被害を受けた学生が大阪府を提訴」 という、いかにも「日本ならではだなあ」という野蛮な事件のニュースがまた報じられ…

「日本の若者のPC離れ」は本当か?

小学1年生からプログラミングを学べる学校があるエストニア 最近になって日本でもよく知られるようになったとおり、エストニアはITの奨励を国家戦略としている国です。エストニアの政府機能は高度なレベルで電子化されており、ほとんどすべての行政手続がオ…

外国人の疑問「どうして日本人は給料が安いのによく働くの?」

日本の「異常な長時間労働」の理由とは? 前回に引き続き Quora からの話題です。今回紹介するトピックはこちら。 「どうして日本人は給料が安いのによく働くの?」 なおこのお題のきっかけとなったのは次の「日本人のジャーナリストが長時間労働の末31歳で…

日本に詳しい外国人が指摘する「日本人が英語を話せない理由」

どうして日本人は英語ができないの? 以前の記事で紹介した英語圏の Q&A サイト "Quora" に立てられた「どうして日本人は英語をうまく話したり書いたりできないの?」というトピックがちょっと面白かったので、寄せられた回答(全40件)のうち上位3件を紹介…

2年間の留学で英語はどれだけ上達するのか

(トームペアの丘から/タリン旧市街) 大陸ヨーロッパの国で「英語で」暮らす すでに開設から1年数か月が経過している当ブログですが、たまーに「Google アナリティクス」というサービスを使ってどのような経路でどんな記事にアクセスがあるのかを解析して…

「街がごちゃごちゃしていてやかましい」のがアジアの魅力?

やたら騒音が激しい国、日本 こちらは今年の7月に書いたもので、当ブログでは最多の40万以上のPVがあった記事です。 www.from-estonia-with-love.net 記事中に「日本は外食の値段が安くて驚いた!!」という日本滞在経験があるアジア学生の声を紹介しました…

エストニアで日本の食品を買ってみる

エストニアでも日本食が買える わたしは今年度から大学のインターナショナル・クラブの活動に参加しているんですが、来週「インターナショナル・エクスプレス」という毎学期恒例になっている文化交流のイベントがあるんですね。メインの企画は、主に留学生た…

【コラム】どうして日本の「リベラル」はかくも無残に自滅してしまったのか

昨日に引き続いて日本の政局についてのコラムです。 www.from-estonia-with-love.net 前回書いたとおり、わたしが予想する衆院選後の日本の行く末は、 「極右二大政党制 → 極右大連立 → 極右的政策が次々に実現/改憲」 です。 具体的には、 憲法9条の改正 …

【コラム】民進党議員たちの阿鼻叫喚ぶりが笑える

日本の政局のニュースをちらちら見ていますが、なんかもうひとことでいうと「リベラルの自滅」って感じですよねほんと。 わたし自身の政治的スタンスはたびたび表明しているとおり「社会自由主義/反共」です。自由で平等で個人が尊重される社会がよいと思っ…

エストニアの高校生たちと交流してみた

このたび当ブログの質問フォームに、エストニアへの留学を予定しているらしい高校生から質問のメッセージをいただきましたので紹介しますね。 来年から、エストニアに一年留学する高校生です。エストニアと、エストニアの若者、高校について、知っている限り…