エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

外国人移民は日本をめちゃめちゃ面白くしてくれると思う

日本のニュースもできるだけチェックするようにしていますが、最近は移民受け入れ政策の是非がホットなトピックになっているようですねー。 あれだけ「移民受け入れ反対!!」を唱えていたはずの保守言論人やネトウヨも、さすがに現実を受け入れつつあるのか…

日本人は「自国が平等な国である」と信じる傾向があるっぽい

なぜ日本人は「貧困」に無関心なのか toyokeizai.net つい先ほどツイッターで流れているのを見つけた記事です。 阿部彩さんといえば当ブログの過去記事でも『子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)』という著書を紹介したことがあります。 記事中で…

近況報告-演奏活動と引っ越しと卒論執筆と。

いやー今年もあっという間に残り2か月となっちゃいましたね~。光陰矢の如し。 ここらでちょっと近況報告をさせてくださいな。 わたくし、ここしばらくいろいろ忙しくてですね。まず9月末に引っ越しをしました。今年2度めの転居です。最初の2年半はカオスな…

高度な技術が必要なことは外国にやってもらえばいい、日本はすっこんでろ!

シリアで拘束されていたジャーナリストに対する大々的なバッシングについての報道をいくつか目にしましたが、やっぱり世界には日本のこの状況がめちゃめちゃ異常に映っているみたいですねえ。 「われわれの同胞が無事解放された!!」と喜ぶのではなく、壮絶…

ヨーロッパ、サマータイムを廃止へ

エストニアを含むヨーロッパ諸国はサマータイム(夏時間)を採用しているんですが、きのう(10月28日)が切替日で、現在は通常時間(冬時間?)になっています。いまのエストニアと日本との時差は7時間。 わたしもヨーロッパに移って3年と少しになりますので…

毎度毎度の「被害者叩き」は日本の民度を反映してるよね

www3.nhk.or.jp 2015年の夏から3年以上にわたってシリアの武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田純平さんがついに解放され、日本に帰国したというニュースが話題になっています。 ひとまずよかったね、お疲れさまでした、という話だと思うんですが、…

シンバルで有名な「パイステ」はエストニアのメーカーだって知ってた?

読者のみなさんにドラム経験者はいらっしゃいませんかー? バンドでドラムをやったことがある人なら、間違いなく「パイステ」という楽器メーカーを知っているはずです。 そう、シンバルのメーカーですね! 圧倒的シェアを誇るシンバル製造の王・ジルジャン、…

ジャズ・ミュージシャンたちの「進化」と「円熟」

ジャズ・ドラムの大長老―ロイ・ヘインズ ちょっとひさびさの更新ですが、エストニアとは全然関係のない、趣味の話をします。わたしの趣味といえばもちろんジャズです。ジャズのお話です。 わたくし、今週半ばから体調を崩してしまってですね、バンドのギグや…

大坂なおみ選手の記者会見に関する「フェイクニュース」に対しての再反論

『反日勢力を斬る』(笑)というブログからの反論 先日掲載したこちらの記事ですが、ホットな話題だったためか現在までに2万5000ほどのアクセスを記録しています。 www.from-estonia-with-love.net 記事に書いたとおり、 「ハフィントンポストの記者の質問が…

大坂なおみ選手の記者会見での混乱、通訳のミスが原因では??

テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝した件ですが、エストニアでも報道されています。 sport.err.ee エストニア出身のカイア・カネピという女子選手が世界的に活躍しているためか、エストニアにおけるテニスの人気は比較的高いようです。昨年の全米…

リオ五輪のボランティア~7万人の枠に対し24万人の応募が殺到していた

「2020東京オリンピックの募集要項がブラックすぎる」とずいぶん前から話題になっています。すでにボランティアの不足が懸念されており、学徒動員がまじめに検討されているようで戦時中っぽくて笑えますよね(笑) 来月から募集が始まるようですが、もしかし…

「ジャズ」という音楽について深く知りたい人におすすめの厳選5冊

いきなりですが、わたしってジャズ評論のたぐいをほとんど読まないんですよ。なぜかというと、わたし自身が(アマチュアではありますが)ジャズ・トランペットを演奏する人だから。 日本の、特にジャズというジャンルの評論家のほとんどは楽器が弾けないし、…

ハーバード大学の授業を「タダで」聴講してみる

YouTubeで一流大学の講義を聴講できるぞ!やったね! わたくしの留学生活もまもなく4年めに突入します。といっても卒業に必要な単位はとっくに取り終えてまして、あとは必修科目が1コース、および卒論を残すのみなんですけどね。それらがつつがなく修了すれ…

Engrish とオンライン自動翻訳

素晴らしき Engrish の世界 ツイッターでちょっとバズっていた書き込みです。 驚いてはいけない!これが2018年東京のド真ん中の安くはないホテルの言語レベルです。幸いおいらは英語でなく日本語で読めたので正しくトイレを使うことが出来ました。多分。 pic.…

エストニアとフィンランドを海底トンネルで結ぶ計画があるって知ってた?

(完成すれば)世界最長の海底トンネル エストニアに引っ越してからきょうで丸3年が経過しました! いやー早いもんですねえ~。 購入したのが格安チケットだったため、成田~アブダビ~ベルリン~ヘルシンキ(ここで1泊しフェリーに乗り換え)~タリンと、途…

エストニアにローマ教皇がやって来る

(c) Korea.net / Korean Culture and Information Service フランシスコ教皇、9月にバルト三国を訪問へ 最近エストニアでちょっとした話題になっていることなんですが、来月25日にローマ教皇フランシスコがタリンを訪問するようです。ほ~お~って感じですね…

2030年、日本のIT人材は最大78万人不足する

「サマータイム」導入案にIT業界が反発 政府が東京オリンピック開催時期に予想される猛暑への対策のためにサマータイムの導入を検討しているらしいという報道がありました。 案の定、IT業界からは猛反発の声が上がっているようですね。 www.itmedia.co.jp た…

ヨーロッパの嘘情報を日本語でばら撒くフェイクニュースサイトがヤバい

日本にいる人間にはバレないと思って(?)欧州のデマを流す人 「しあん」さんという、ツイッターで日々発言をされていらっしゃる在日ドイツ人の方がいらっしゃいます。 最近になってツイートの大部分を消去してしまっていますが、一貫して反移民/EU懐疑派…

エストニアの医師の7割以上が女性ってほんと?

国際的に報じられた東京医科大学の性差別事件 日本の東京医科大学が、入学試験で女性の受験者を一律減点して不正に合格率を下げていたという性差別事件が国際的に話題になっています。 www.bbc.com この件について友人のエストニア人女性(日本への滞在経験…

「留学前に準備しておいたほうがいいことはありますか?」「古典文学ひととおり読んどけ!」

実はわたしは年少者に「アドバイス」だの「説教」だのするのが嫌いなので(こんなにエラソーなブログを書いているくせに意外でしょ)、他人に「これを読め」だの「これを聴け」だのも基本的に言わない人間なんですけれどね。でも、もしもエストニアに留学す…

ヴィリャンディ・フォーク・ミュージック・フェステイヴァルに出演しました

先週末はラトビアの音楽フェスに出演してきたばかりなのですが、今週末はエストニア南部の景勝地・ヴィリャンディで毎年開催されている「ヴィリャンディ・フォーク・ミュージック・フェステイヴァルに参加しました。 もちろん今回もアフロ・タリン・ビート・…

有料マガジン『愛のグラスノスチ』発刊のお知らせ

お知らせです。 はてなブログと並行して note にも記事を書いていましたが、このたび note の機能を利用した有料マガジンを発刊することにしました。 こちらでございます。 note.mu 月額制ではなく、記事10本をまとめて500円で購読いただけるようになってい…

日本は「レトロ国家」の道を歩めばよいのでは

表題のようなことをツイッターで書いたらちょっとバズったんですよね。 日本は逆に「レトロ国家」としてアピールしていけばいいのでは・職場では紙の書類を使います・通信はFAXを使用します・証明に印鑑を使います・カードではなく現金で支払います・タクシ…

隣国ラトビアの夏フェスに出演してきました

当ブログでもちょこちょこ触れているとおり、わたしはエストニアでAfro Tallinn Beat Orchestraというバンドをやっています。けっこう頻繁にライブをやるバンドなんですが、先週末はついに国境を超えて隣国ラトビアの音楽フェスティバルで演奏してきました。…

猛暑は日本だけじゃない!エストニアも観測史上最高気温を更新する勢い

いきなりですが、日本むちゃくちゃ暑いみたいですね。 実はエストニアも今年の夏はやたら暑いんです。異常気象です。 news.err.ee This summer's new record high temperature of 32.4C was recorded at Lääne-Nigula Meteorological Station late Tuesday a…

エストニアの首都タリンはオリンピック都市だった?!1980年にタイムスリップ!

タリンはオリンピック開催都市?! わたしって基本的に出不精で人生で旅行した経験がほとんどないんですが(エストニアに来る前に海外に出たのは2回だけです)、それにしてはなぜかオリンピックの開催都市をやたら訪れているんですよね。 東京(渡欧前の13年…

エストニアは「政治的権利や市民的自由が十分に保障された国」

ロンドンを拠点に英語でエストニア情報を発信するウェブマガジン「Estonian World」が次のような記事を発表していました。世界各国の人権や民主主義の状況を監視する国際NGO団体「Freedom House」の報告によると、エストニアは「自由が保障された国」として…

狂乱と喧騒のワールドカップもまもなく終了

このところエストニア・ローカルな小ネタ記事が多い当ブログですが(これとかこれとかこれとか)、今回もそういう系統のネタでいきます。あまり肩肘張った記事ばっかりだと読者のみなさんも疲れますよね? 書いてる方も大変ですしね(笑) この1か月世界中の…

エストニアの労働市場で人手不足が叫ばれている業界とは?

日本では少子高齢化にともなう労働人口の激減により人手不足が深刻化しているみたいですね。 リーマンショックの頃には「大学生の就職氷河期」「内定取り消し」「大量派遣切り」なんてことが言われていたのに、こんどは逆に人が足りないんだそうで…。 日本ほ…

日本からの人材流出が今後ますます深刻になっていくのでは、という話

(タリン・テリスキヴィ地区のバー。昨晩ここでライブをやってきました) 日本「博士だ?修士だ?使えん!」「叩き上げが安くていい。派遣を増やせ。安い人材を探せ。」「人材が全くいない。日本の大学は何をやってるんだ!?」「外国に行くやつは売国奴!」…