エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

エストニアにローマ教皇がやって来る

(c) Korea.net / Korean Culture and Information Service フランシスコ教皇、9月にバルト三国を訪問へ 最近エストニアでちょっとした話題になっていることなんですが、来月25日にローマ教皇フランシスコがタリンを訪問するようです。ほ~お~って感じですね…

2030年、日本のIT人材は最大78万人不足する

「サマータイム」導入案にIT業界が反発 政府が東京オリンピック開催時期に予想される猛暑への対策のためにサマータイムの導入を検討しているらしいという報道がありました。 案の定、IT業界からは猛反発の声が上がっているようですね。 www.itmedia.co.jp た…

ヨーロッパの嘘情報を日本語でばら撒くフェイクニュースサイトがヤバい

日本にいる人間にはバレないと思って(?)欧州のデマを流す人 「しあん」さんという、ツイッターで日々発言をされていらっしゃる在日ドイツ人の方がいらっしゃいます。 最近になってツイートの大部分を消去してしまっていますが、一貫して反移民/EU懐疑派…

エストニアの医師の7割以上が女性ってほんと?

国際的に報じられた東京医科大学の性差別事件 日本の東京医科大学が、入学試験で女性の受験者を一律減点して不正に合格率を下げていたという性差別事件が国際的に話題になっています。 www.bbc.com この件について友人のエストニア人女性(日本への滞在経験…

「留学前に準備しておいたほうがいいことはありますか?」「古典文学ひととおり読んどけ!」

実はわたしは年少者に「アドバイス」だの「説教」だのするのが嫌いなので(こんなにエラソーなブログを書いているくせに意外でしょ)、他人に「これを読め」だの「これを聴け」だのも基本的に言わない人間なんですけれどね。でも、もしもエストニアに留学す…

ヴィリャンディ・フォーク・ミュージック・フェステイヴァルに出演しました

先週末はラトビアの音楽フェスに出演してきたばかりなのですが、今週末はエストニア南部の景勝地・ヴィリャンディで毎年開催されている「ヴィリャンディ・フォーク・ミュージック・フェステイヴァルに参加しました。 もちろん今回もアフロ・タリン・ビート・…

有料マガジン『愛のグラスノスチ』発刊のお知らせ

お知らせです。 はてなブログと並行して note にも記事を書いていましたが、このたび note の機能を利用した有料マガジンを発刊することにしました。 こちらでございます。 note.mu 月額制ではなく、記事10本をまとめて500円で購読いただけるようになってい…

日本は「レトロ国家」の道を歩めばよいのでは

表題のようなことをツイッターで書いたらちょっとバズったんですよね。 日本は逆に「レトロ国家」としてアピールしていけばいいのでは・職場では紙の書類を使います・通信はFAXを使用します・証明に印鑑を使います・カードではなく現金で支払います・タクシ…

隣国ラトビアの夏フェスに出演してきました

当ブログでもちょこちょこ触れているとおり、わたしはエストニアでAfro Tallinn Beat Orchestraというバンドをやっています。けっこう頻繁にライブをやるバンドなんですが、先週末はついに国境を超えて隣国ラトビアの音楽フェスティバルで演奏してきました。…

猛暑は日本だけじゃない!エストニアも観測史上最高気温を更新する勢い

いきなりですが、日本むちゃくちゃ暑いみたいですね。 実はエストニアも今年の夏はやたら暑いんです。異常気象です。 news.err.ee This summer's new record high temperature of 32.4C was recorded at Lääne-Nigula Meteorological Station late Tuesday a…

エストニアの首都タリンはオリンピック都市だった?!1980年にタイムスリップ!

タリンはオリンピック開催都市?! わたしって基本的に出不精で人生で旅行した経験がほとんどないんですが(エストニアに来る前に海外に出たのは2回だけです)、それにしてはなぜかオリンピックの開催都市をやたら訪れているんですよね。 東京(渡欧前の13年…

エストニアは「政治的権利や市民的自由が十分に保障された国」

ロンドンを拠点に英語でエストニア情報を発信するウェブマガジン「Estonian World」が次のような記事を発表していました。世界各国の人権や民主主義の状況を監視する国際NGO団体「Freedom House」の報告によると、エストニアは「自由が保障された国」として…

狂乱と喧騒のワールドカップもまもなく終了

このところエストニア・ローカルな小ネタ記事が多い当ブログですが(これとかこれとかこれとか)、今回もそういう系統のネタでいきます。あまり肩肘張った記事ばっかりだと読者のみなさんも疲れますよね? 書いてる方も大変ですしね(笑) この1か月世界中の…

エストニアの労働市場で人手不足が叫ばれている業界とは?

日本では少子高齢化にともなう労働人口の激減により人手不足が深刻化しているみたいですね。 リーマンショックの頃には「大学生の就職氷河期」「内定取り消し」「大量派遣切り」なんてことが言われていたのに、こんどは逆に人が足りないんだそうで…。 日本ほ…

日本からの人材流出が今後ますます深刻になっていくのでは、という話

(タリン・テリスキヴィ地区のバー。昨晩ここでライブをやってきました) 日本「博士だ?修士だ?使えん!」「叩き上げが安くていい。派遣を増やせ。安い人材を探せ。」「人材が全くいない。日本の大学は何をやってるんだ!?」「外国に行くやつは売国奴!」…

留学についての質問には有料でお答えすることにしました

「エストニアに留学する方法をできるだけ詳しく教えてください!」 アメリカやカナダやオーストラリアやイギリスに比べて、「エストニアに留学したい」という人はかなり少ないと思うんですが、2年ほど前からエストニアがIT先進国であると日本でも報道される…

タリン旧市街の名物が消滅→謎の改悪に嘆きの声が殺到

"The Times we had." わたしの住むエストニアの首都・タリンは中世から続く城下町で、旧市街区域は世界遺産に指定されており、その美しい街並みを楽しむために世界各国から観光客が訪れます。 城があるトームペアの丘からは城下を見渡せる展望台がいくつかあ…

hagexさん刺殺事件について

毎週日曜日の夕方はラテンダンスのレッスンに通っているのですが、レッスンの休憩中にスマートホンからネットを確認したところに、6時間の時差がある日本から飛び込んできたニュースがこちらです。 www.yomiuri.co.jphagexさんのことを初めて知ったのは、わ…

サーレマー島の風力発電を利用した仮想通貨マイニングが開始

バルト海からの風が平坦な島の大地を吹き抜ける バルト海に国土が面するエストニアにはたくさんの島がありますが、最も大きいのはサーレマー島です。エストニア本土の西岸の町からフェリーで渡ることができます。自然が多く残された風光明媚な地で、特に春か…

英語で読める!エストニアのニュースメディアまとめ

最近になってIT先進国として日本でも知られるようになったエストニアですが、人口も経済規模も小さい国ということもあり、日本語で発信されている情報はあまり多くありません。 そうなると英語に頼らざるをえなくなるわけですが、BBCやCNNのような英米ベース…

日本に詳しい外国人ほど、日本で働きたがらないという問題

先月まで雪が降っていたエストニアも5月も半ばとなった現在はほとんど初夏のような陽気です。日本のみなさんはお元気でしょうか。 ちょっと前の話なんですが、あるパーティーでタリンを訪れているフィンランド人の学生たちと歓談する機会がありました。ヨー…

【コラム】「プロブロガー」を自称する人たちのブログはどうしてつまらないのか

こちらは本日の「はてなブログ」トップで紹介されていた記事なんですが、なかなか興味深かったです。 mecchanikukyu.hatenablog.com わたしがこのブログ「エストニア共和国より愛をこめて」を開設したのは渡欧から1年が経とうとしていた2016年の夏休みですが…

ついに学生寮を退寮、ピアノ付きの部屋へお引っ越し

今回はちょっとした近況報告ということで! いやはや、このところすっかり忙しくてですね、ブログも1か月半ぶりの更新となってしまいました。3回めの春学期も終わりに近づいていて授業で出される課題や試験の準備のために時間を費やしていたという事情もある…

日本の「就活」をヨーロッパの人に説明するのは本当に大変

ヨーロッパのメディアが報じる「日本の就活シーズン」 いきなりですが、下に掲載したのは4年前に「ユーロニュース」が報じた日本に関する動画です。ごらんください。 Japan's annual job-hunting season leaves one in five college students suicidal(毎年…

エストニアで最も危険な YouTuber―アレクセイ・マカロフ

わたしはエストニアの首都であるタリンに住んでいますが、この街の人口の4割ほどはロシア系の住民です。日本やほかの国々でも「ロシア人は無茶をやらかす」というステレオタイプが根強いですが、もちろん実際には人によりけりです。おとなしくて控えめなロシ…

「匿名ダイアリー」利用者の発信者情報開示を請求してみた結果

「はてな匿名ダイアリー」に有料コンテンツが無断転載されていた (はてなユーザー以外の読者の方のためにいちおう解説しておきますが)、はてなが運営するサービスに「はてな匿名ダイアリー」というのがあります。その名のとおり匿名で日記を投稿できるサー…

【コラム】エストニアでは公文書の改ざんは一発でバレます。なぜか。

ここ数日、大学のほうが忙しくて日本のニュースをほとんど追えていないのですが、「森友学園」の事件で財務省が公文書の改ざんをやらかしていた疑いが浮上しているみたいですね。 www.huffingtonpost.jp わたしは日本の財務省がどのように文書を管理している…

ヨーロッパの学生たちはあたりまえのように政治や社会についての話をする

「日本では、“どうせ変わらないから”といったあきらめムードがすごく強いように見えます。ヨーロッパでは、政治や社会問題などに関してみんな自分なりの意見をもっていて、それを人前で話すのをまったく怖がりません。むしろ、表面的な会話しかできない人間…

低予算で英語を習得したい人、オンライン英会話という方法があるよ!【記事広告】

エストニアに来る前には海外経験がほとんどなかった! 表題のとおり今回の記事は「オンライン英会話」の紹介なんですが、その前にちょっとわたし自身の英語学習経験についての話をさせてください。ちょっとだけね! ……これまでにも何度か書いていることだと…

人口減少がこのまま続いたら日本の未来はどうなるの?

世界で最も深刻な人口減少問題を抱える国 プロフィールにあるとおりわたしはエストニアの大学で社会科学を専攻している学生です。1月末から春学期が始まったのですが、今学期からわたしは Introduction to Demography (人口統計学概論)という授業を取り始…