エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

【祝】ブログ開設一周年 & エストニア関連の質問募集

(きょうはむちゃくちゃ暑いなー!! という日でも気温はこの程度です。もちろん摂氏/タリン中心部) ブログ開設1周年 「エストニア共和国より愛をこめて」をはてなブログにて開設してから8月11日で丸1年となりました。いやーこんなに長く続けられるとは思…

エストニアには寿司レストランがびっくりするほど多い

(写真:エストニア第2の都市・タルトゥにある寿司バー『ヤクザ』) ハンバーガーショップよりもパスタ屋よりも寿司レストランが多い街 先日このブログをお読みになってわたしにご連絡をくださったエストニアに来訪中の日本人起業家の方とお会いして来たんで…

【お知らせ】菅野完氏の件について、およびわたし個人についてネット上に不正確なことを書いている方へ

『日本会議の研究』の著者で、現在は森友学園問題などを追及している著述家の菅野完さんと当方の関係について、いまだにインターネット上に不正確なことを書いている方がいるようですので改めてご説明いたします。 現在までにこちらのブログで言及してこなか…

「日本人って勤勉なのに、どうして日本の経済は良くならないの?」

日本を知る外国人たちからの「日本の労働者はよく言われるほど『勤勉』というわけではない」という意見について。

エストニアがどんな国なのかわかりやすく解説してみた

エストニアとはどんな国なのか エストニア共和国の概要 先鋭的な新自由主義経済 超シンプルな税制 世界で6番目の自由経済 世界最先端の電子政府 世界でも屈指の教育水準の高さ 国民の多くが英語を話す 国民の最大の関心事は「対ロシア関係」 残留ロシア系住…

話題の「自動運転バス」に乗ってみた

タリンで自動運転バスの試験運転が始まった 一昨日(7月29日)からわたしの住むエストニアの首都・タリンで、自動運転バスの試験運転が開始され、街のちょっとした話題になっています。わたしもきょうこのバスに乗ってきたのでさっそく報告しますね。 現在タ…

「労働大好き!」な人たちは、そうじゃない人たちの仕事を代わってあげればよいのでは

(『海の日』のイベントを開催中のタリン港) 「日本型労働大好き派」vs 「ワーク・ライフ・バランス派」 先日公開したこの記事なんですが、結構たくさんの方に読んでいただいたみたいですね。 www.from-estonia-with-love.net 現在までに多くの反応が寄せられ…

エストニアで大道芸をやってみた―路上のエピソード集

(タリン旧市街の入り口・ヴィル門) 路上アコーディオン奏者がお届けするほのぼのエピソード集 タリン市当局の許可証を取得し、路上アコーディオン奏者としてデビューしてからまもなく2か月半ほど経過します。以前も書いたとおり、この大道芸の収入だけでな…

「急成長中の新興国」に住むことの楽しさ

安倍総理のエストニア訪問が突然キャンセルに… きょう7月11日は、本来なら安倍晋三・日本国総理大臣がエストニアを初訪問する予定の日だったんですよねえ。しかし直前になって「九州豪雨の災害対応を優先するため」という理由で突然のキャンセルが発表されま…

大陸欧州と比べてわかる日本の労働者の働き方の「ヤバさ」について

「日本はすでに経済大国ではなく、たまたま人口が多いだけのただのアジアの島国」 前回発表しましたこちらの記事なんですが、かなり多くの方に読んでいただいたようで、現在までに38万ほどのアクセスがありました。関心の高いテーマってことなんでしょうね。…

欧州からは「日本だけが勝手にどんどん貧しくなっている」ように見えている

20年間「ひとり負け」を続ける日本 ちょっと前にツイッターでこんな投稿がたくさんシェアされていたようですね。 日本の衰退っぷりがひと目でわかるGIFがこれ 冗談抜きでヤバいぞhttps://t.co/aXDuOVW7av変わったのはアジア域内だけで本当に日本「だけ」がは…

エストニアの一大イベント「青少年の歌と踊りの祭典」

エストニアでは5年に一度「歌と踊りの祭典」という大規模な国民的行事が開催されます。首都タリンにある「歌の原」という巨大な野外コンサートホールに全土から人々が集まり、エストニアの伝統的な歌や踊りを披露する、というイベントなのですが、とかく民族…

"『正義』を振りかざすクレーマーを絶対に絶対に許すな!!"

ヨーロッパに来てもうすぐ2年になりますが、やはりヨーロッパに比べると日本の人権水準はかなり劣りますね。 特に社会的に弱い立場にある人たちへの態度が凄まじいですよね。ヨーロッパでは公共交通機関で車椅子やベビーカーを利用している人がいると周囲の…

エストニアで路上演奏家として生計を立ててみる

夏休みは路上演奏の日々 大学が夏休みに突入してから1ヶ月が経ちました。日本のみなさんはお元気でしょうか。 ちょっと前に「タリン市当局よりストリート・パフォーマンスの許可証をもらったよ」という記事を書きました。 www.from-estonia-with-love.net 許…

バルト駅市場 新装開店のお知らせ

日本は夏真っ盛りの時期だと思いますがみなさまいかがお過ごしでしょうか。北欧は先週金曜日に夏至祭の祝日を迎え、エストニアの民衆もどんちゃん騒ぎをしながら夏の到来を祝っておりました。 留学生のほとんどは自国に帰ってしまい、地方から来ているエスト…

タリン北東部に位置する風光明媚な地 ピリタ地区

今学期の初めに知り合った友達で、ちょっとおもしろい法学専攻のドイツ人の女の子がいるんですよね。法曹を目指しているやたら賢い子なんですが、たまーにわたしを遊びに誘ってくれるんですよ。 わたしは社会科学専攻なんですが、関連分野として法学の授業も…

高等教育の学費すら無償化できない日本の「貧しさ」と「民度の低さ」

原則として大学まで学費が無償の大陸ヨーロッパ わたしはエストニアの大学で留学生として学んでいますが、英語で教授される留学生向けのコースのみを履修しているので、普段から交流しているのもエストニア人学生より各国からの留学生のほうが多いです。 留…

エストニアでバンドを組んでみた!!

路上アコーディオン演奏家としての日々 先日、「タリン市当局からストリート・ミュージシャンとして演奏する許可をもらったよ!」という記事を書きました。 www.from-estonia-with-love.net 許可証をもらってから、ほぼ毎日タリン市中心部にあるタムサーレ公…

実は優れたアコーディオン奏者の宝庫だったバルト三国

(写真:わたくしの愛機・EXCELSIOR Mod. 308) アコーディオン路上演奏家としての近況 前回の記事で「アコーディオン奏者としての路上演奏の許可を市当局より得ました」という報告をしました。 www.from-estonia-with-love.net 許可証が発行されて以降、た…

再びストリート・ミュージシャンの道へ

市役所に路上演奏許可の申請に行ってきました 以前「エストニアでストリートミュージシャンをやってみた話」という記事を書きましたが読者のみなさまはご記憶でしょうか。 www.from-estonia-with-love.net もう1年前になっちゃいますが、2016年の5月末~7月…

どうして在特会や日本会議が社会運動として"成功"したのか

泥憲和さんが亡くなられた 元自衛官で、護憲運動やヘイトスピーチへの抗議活動に尽力されてきた泥憲和さんが、5月3日に世を去りました。 www.huffingtonpost.jp 泥さんと実際にお会いしたのはただ1度だけです。2014年の新宿のネイキッドロフトでのイベントで…

機械翻訳の進歩で英語学習が不要になる日は来るのか

けっきょくインターネットの共通語は英語なわけで 何度か書いていますが、わたしはエストニアの大学の留学生向けコースに在籍していて、受講している授業はすべて英語で行われています(外国語科目を除く)。また、入学時点で「ヨーロッパ共通言語参照枠にお…

YouTuber「国家社会主義者のサラ」についての情報をお寄せください

※記事の末尾に情報提供フォームがあります。 ネオナチ YouTuber の正体が徐々に明らかに 前回の記事の続報です。 www.from-estonia-with-love.net 記事中で紹介した「国家社会主義者のサラ」を名乗る YouTuber ですが、当人を名乗る人物から記事ついて次のよ…

ガチのネオナチYouTuberを発見したのでチャンネルごと潰そうぜ

<2017年8月8日追記 『サラのチャンネル』は YouTube 運営により利用規約違反と判断され無事閉鎖されました。通報にご協力くださった方々どうもありがとうございました> 先月、当ブログで下記の記事を発表しました。 www.from-estonia-with-love.net 「人気…

北欧の極右集団「オーディンの戦士たち」

北欧の在特会?「オーディンの戦士たち」 日本に比べればはるかにリベラルで民主主義も高度で社会福祉制度が発達している北欧ですが、それでも面倒くさいネトウヨ集団は生まれてくるんですねえ。 近年「新しいタイプの極右集団」として、「オーディンの戦士…

エストニアの若者ってどこで何して遊んでるの?

遊びにそれほどお金を使わないヨーロッパの若者たち ヨーロッパの大学生の価値観に「お勉強と遊びのメリハリをきっちりつけるのがよろしい」というのがあるようで、授業のない週末なんかは割とパァっと遊びますね。 ただ、日本の若者に比べれば、こちらの人…

ヨーロッパの大学生たちは日本が豊かだった時代を知らない

どんどんショボくなる日本の存在感 日本が四半世紀にわたって停滞しているあいだに、新興国の成長は著しいですねえ。特に中国の躍進ぶりは凄まじいですが、先日FacebookでこんなTwitterまとめがシェアされているのを見つけました。 togetter.com ツイートを…

ヘルシンキに来るついでにタリンに立ち寄りたい方へ 観光名所をまとめて紹介します

日本人旅行者にとってはかなりマイナーな観光地だと思われるタリンですが、実はそれなりに見どころがあります。せっかくもうすぐゴールデンウィークという時期なので、市内の名所を紹介する記事をアップしておきますね。 (しかし日本は春なのかあ……こちらは…

【コラム】「逆・日本国憲法」というのを考えてみた

昨夏に退位の考えを表明した平成天皇は、27年前に「国民の幸福を願いつつ、日本国憲法を遵守します!! 日本が世界の平和に貢献できるようみんなで頑張りましょう!!」と述べて即位したわけですが、どうやらこの「日本国憲法」を否定したい人が現代日本には…

旭山動物園よりさらに北、北緯59度に位置する動物園に行ってきたよ

バルト三国最北の動物園 4月も下旬に差し掛かっているにもかかわらずまだまだ寒い日々が続くエストニアからお送りしておりますが日本のみなさんはお元気ですか。 昨日は朝起きたらいきなり雪が積もっていてびびりましたが、昼が近づくとお天気もよくなってき…

エストニアでストリートミュージシャンをやってみた話

「クロマチック・ハーモニカ」という楽器が吹けるわたし わたしのプロフィールには、 2016年7月 パルヌ・ハーモニカ・コンペティションに出場。クロマチック・ハーモニカ部門第1位(同部門バルティック=ノルディック・チャンピオン受賞)。 という謎の経歴…

「一度きりの人生を日本に捧げる必要はない」←正しい。

当ブログは承認制のコメント欄を設けておりますが、しばらく前から「コメントを書き込んでいただいても原則として承認しない」ことにしております。くだらないことを書き込んでくる人が多いので面倒くさくなっちゃって。 いただいたコメントもすべて読んでい…

日本の大学生は本当に勉強していないのか

先日のこちらの記事ですが、けっこうたくさんの方に読まれたようです。 www.from-estonia-with-love.net いくつかご意見をいただいたのですが、そのなかに、 「昔の大学生とは違って、いまの大学生はかなりまじめに勉強するし、課題もたくさん出されますよ」…

どうして日本では高等教育が軽視されるんだろうか

ヨーロッパの大学生はまじめに勉強する 「日本の大学生とヨーロッパの大学生との最大の違いはなんですか?」 という質問をもしされたら、わたしはこう答えます。 「んー、やっぱり『ヨーロッパの大学生は大学でまじめに勉強する』ってことかな!」 実際にヨ…

世の中には「自分で検索する」ということができない人がいる

留学に関する質問をくださる方々へ ちょっと前にネットで見つけた記事なんですけどね。 www.amamiyashion.com いやー、これはきわめて温厚な性格のわたくしでもわかる気がしますね(笑) 留学先として人気だと思われるドイツに比べれば、わたしの住むエスト…

「てるみくらぶ」破産でエストニアから帰国できなくなっている方、(できる範囲で)手助けします

昨日知ったニュースなんですが、最近になって急にトラブルが相次いでいた旅行会社が破産を申請したことを発表し、すでに旅行代金を支払っている人や出国してしまった人が混乱に巻き込まれているんだそうですね。 www.news24.jp 「出国した人は自力で対処を」…

「日本の学校教育制度」について発表したらヨーロッパの学生たちの反応が面白かった

「日本SUGEEE!!!」の称賛がもらえる2つの鉄板ネタ 以前からの読者のみなさんはご存じのとおり、このブログではいわゆる「自国礼賛テレビ番組・ウェブサイト」を「こんなの一種の『ポスト真実』による世論形成だろ」としつこく批判しています。 www.from-esto…

日本の「マイナンバー制度」はどうして失敗してしまったのか<追記あり>

※記事末尾に追記がありますので、そちらもお読みください なぜか無用の長物となっているらしい日本のマイナンバー ちょっと前に facebook のタイムラインを眺めていると、日本の友人たちのうち自由業の人たちが、 「確定申告しないとー。面倒くさい!」 など…

有名 YouTuber が日本の人種差別を猛批判 → まったく理不尽な炎上

ことし1月に発表しましたこちらのエントリ。 www.from-estonia-with-love.net 記事中で紹介している動画は、カナダ出身で日本在住のミラさんという YouTuber の作品です。わたしは語学の勉強によく YouTube の動画を使いますが、「あなたへのおすすめ」にこ…

どうしてエストニアのマイナンバー制度は成功しているのか

エストニアの「国民IDカード」は超便利! 日本のみなさん。「エストニア」という国名を聞いて、まっさきに連想するのはどんなことですか? おそらくいちばん最初に出てくるのは元・大関の把瑠都、そしてその次あたりに思い浮かぶのが「電子政府の国」だとか…

7か国語を操る語学の達人が教える「効果的に外国語を学ぶ方法」

7か国語を自在にあやつるイタリア人 それほど広くない地域に多数の国々がひしめくヨーロッパにおいて、第一言語以外にいくつかの外国語を話せる人というのはそれほど珍しくありません。 エストニア人はたいていトライリンガル(3か国語話者)で、エストニア…

「藁人形を火にくべて燃やす」ロシアの伝統行事に参加してみた

何度か書いているとおりわたしは大学の学生寮に住んでいます。男女8人でキッチンと食堂を共用しているので、ほとんどこのメンバーで同居しているような感覚ですねえ。8人の国籍は、 ロシア(女)、ウクライナ(女)2人、アゼルバイジャン(女)、アゼルバイ…

エストニア独立99周年記念式典 & 軍事パレード

2月24日はエストニアの独立記念日 「エストニアの独立」というと、1991年8月20日の出来事を思い出す方がほとんどなんじゃないでしょうか。「8月クーデター」の翌日であるこの日、エストニアはソビエト連邦からの独立を宣言しました。この年のクリスマスにソ…

これから世界的な移民の争奪戦が始まる

移民受け入れは「買い手市場」なのか? 日本の人口減少を食い止めるための「大規模な移民受け入れ政策」が、おそらくそう遠くない未来に本格的に着手されるだろうとわたしは予想しています。 いくら現政権が保守的で排外主義的であろうが、「日本の出生率が…

はたして日本国民に大規模な移民受け入れを決断する覚悟があるのだろうか?

上野千鶴子の意見には一理も二理もある 中日新聞に掲載された上野千鶴子へのインタビュー記事について、これまでに2本の記事を書きました。 www.from-estonia-with-love.net <2017年2月22日追記> 上記の記事中で、上野千鶴子氏へのインタビュー記事に関す…

もしも日本が移民を大量に受け入れるとしたら

日本に移住したい人ってそんなにたくさんいるの?? 昨日書いたこちらの記事の続編です。 www.from-estonia-with-love.net <2017年2月22日追記> 上記の記事中で、上野千鶴子氏へのインタビュー記事に関する訂正をしていますのでご確認ください。当ブログに…

上野千鶴子が珍しく真っ当なことを言っている<訂正あり>

昨日「上野千鶴子がおかしなことを言っているらしい」と聞いて、常日頃から日本の「社会学者」という人種に肌に粟を生じるほど嫌悪感を持っているわたしはウキウキしながらリンクを開いたんですよね。下の記事です。 chuplus.jp ということで一読してみたの…

Google の低品質サイト対策のおかげで留学・観光情報の検索も便利になった…のか?

Google 日本語検索において「低品質サイト対策」が始まったらしい 当ブログは「はてなブログ」の有料版を使っているんですが、有料版ユーザーはブログへの訪問者のデータを確認できる「はてなカウンター」という機能を使うことができます。で、その機能を使…

なぜわたしは日本を捨ててエストニアに来たのか

日本社会が嫌いだからヨーロッパに来ました 日本の「自国礼賛ブーム」を痛烈に批判した以下の2記事について、いまだにたくさんの意見が寄せられています。ブログ自体も直近の2か月で約35万PVを記録しております。多くの方に読んでもらえているのはありがたい…

雪国・エストニアの魅力を伝えるミュージックビデオを作ったよ

エストニアは雪国 みなさんごきげんよう! わたしの住むエストニアの首都・タリンはきょうも雪です。外はとても寒いです。 これでも今年のエストニアは比較的暖冬のようです。去年はもっと大量の雪が降り積もっていましたし、タリンでも温度計がマイナス20度…