エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

サーレマー島の風力発電を利用した仮想通貨マイニングが開始

バルト海からの風が平坦な島の大地を吹き抜ける バルト海に国土が面するエストニアにはたくさんの島がありますが、最も大きいのはサーレマー島です。エストニア本土の西岸の町からフェリーで渡ることができます。自然が多く残された風光明媚な地で、特に春か…

英語で読める!エストニアのニュースメディアまとめ

最近になってIT先進国として日本でも知られるようになったエストニアですが、人口も経済規模も小さい国ということもあり、日本語で発信されている情報はあまり多くありません。 そうなると英語に頼らざるをえなくなるわけですが、BBCやCNNのような英米ベース…

日本に詳しい外国人ほど、日本で働きたがらないという問題

先月まで雪が降っていたエストニアも5月も半ばとなった現在はほとんど初夏のような陽気です。日本のみなさんはお元気でしょうか。 ちょっと前の話なんですが、あるパーティーでタリンを訪れているフィンランド人の学生たちと歓談する機会がありました。ヨー…

【コラム】「プロブロガー」を自称する人たちのブログはどうしてつまらないのか

こちらは本日の「はてなブログ」トップで紹介されていた記事なんですが、なかなか興味深かったです。 mecchanikukyu.hatenablog.com わたしがこのブログ「エストニア共和国より愛をこめて」を開設したのは渡欧から1年が経とうとしていた2016年の夏休みですが…

ついに学生寮を退寮、ピアノ付きの部屋へお引っ越し

今回はちょっとした近況報告ということで! いやはや、このところすっかり忙しくてですね、ブログも1か月半ぶりの更新となってしまいました。3回めの春学期も終わりに近づいていて授業で出される課題や試験の準備のために時間を費やしていたという事情もある…

日本の「就活」をヨーロッパの人に説明するのは本当に大変

ヨーロッパのメディアが報じる「日本の就活シーズン」 いきなりですが、下に掲載したのは4年前に「ユーロニュース」が報じた日本に関する動画です。ごらんください。 Japan's annual job-hunting season leaves one in five college students suicidal(毎年…

エストニアで最も危険な YouTuber―アレクセイ・マカロフ

わたしはエストニアの首都であるタリンに住んでいますが、この街の人口の4割ほどはロシア系の住民です。日本やほかの国々でも「ロシア人は無茶をやらかす」というステレオタイプが根強いですが、もちろん実際には人によりけりです。おとなしくて控えめなロシ…

「匿名ダイアリー」利用者の発信者情報開示を請求してみた結果

「はてな匿名ダイアリー」に有料コンテンツが無断転載されていた (はてなユーザー以外の読者の方のためにいちおう解説しておきますが)、はてなが運営するサービスに「はてな匿名ダイアリー」というのがあります。その名のとおり匿名で日記を投稿できるサー…

【コラム】エストニアでは公文書の改ざんは一発でバレます。なぜか。

ここ数日、大学のほうが忙しくて日本のニュースをほとんど追えていないのですが、「森友学園」の事件で財務省が公文書の改ざんをやらかしていた疑いが浮上しているみたいですね。 www.huffingtonpost.jp わたしは日本の財務省がどのように文書を管理している…

ヨーロッパの学生たちはあたりまえのように政治や社会についての話をする

「日本では、“どうせ変わらないから”といったあきらめムードがすごく強いように見えます。ヨーロッパでは、政治や社会問題などに関してみんな自分なりの意見をもっていて、それを人前で話すのをまったく怖がりません。むしろ、表面的な会話しかできない人間…

低予算で英語を習得したい人、オンライン英会話という方法があるよ!【記事広告】

エストニアに来る前には海外経験がほとんどなかった! 表題のとおり今回の記事は「オンライン英会話」の紹介なんですが、その前にちょっとわたし自身の英語学習経験についての話をさせてください。ちょっとだけね! ……これまでにも何度か書いていることだと…

人口減少がこのまま続いたら日本の未来はどうなるの?

世界で最も深刻な人口減少問題を抱える国 プロフィールにあるとおりわたしはエストニアの大学で社会科学を専攻している学生です。1月末から春学期が始まったのですが、今学期からわたしは Introduction to Demography (人口統計学概論)という授業を取り始…

エストニアはヘイトスピーチを法律で規制していますのでご注意!

ヘイトスピーチを刑法で規制しているエストニア すでに何度か書いていますが、わたしはエストニアでの大学生活3年目に入った前学期から留学生のチューターを担当しています。今学期はドイツ人女子2人、トルコ人女子1人という計3人の面倒を見ております。彼女…

エストニアから22人のアスリートが平昌オリンピックに参加

入場行進で旗手をつとめたエストニア選手が話題に 平昌オリンピックが開幕したみたいですね。日本では「下町ボブスレー」をめぐる問題が紛糾していることの副産物として、バルト三国の一国であるラトビアの零細企業が開発したソリの性能の高さににわかに注目…

【コラム】「下町ボブスレー」という「日本スゴイ」の大失敗案件

「日本スゴイ」の大失敗? 「下町ボブスレー」の件、「『日本スゴイ』の大失敗案件」として日本語インターネットの世界でえらく話題になっているみたいですねえ。 【追記あり】「下町ボブスレー」案件に見る日本の技術力の衰退と手段の目的化という本末転倒…

「エルサゲート」の日本版(?)と思われる動画が多数アップロードされている件

「エルサゲート」動画の日本版(?)が続々報告されている 先日からお伝えしている「エルサゲート」についての話題が反響を呼んでおります。わたしのところにも日本のメディアから問い合わせが来たりしています。 www.from-estonia-with-love.net わたしが紹…

【速報】「エルサゲート」動画を製作していた中国企業が謝罪との報道

「エルサゲート」動画の製作に携わった人物による告発?? 当ブログでもこれまでに2回取り上げた「エルサゲート」(児童向けコンテンツを装って子どもたちに精神的ショックを与えるおそれのある映像を混ぜ込んだ動画がYouTubeに大量にアップロードされている…

安倍首相の来訪をエストニアのメディアはどう伝えたか

日本のリーダーとして初のエストニア訪問 11月12日、安倍晋三首相が日本のリーダーとして初めてエストニアを訪問しました。日本国内では「安倍ちゃんがなぜか東ヨーロッパ諸国に北朝鮮の脅威を宣伝しまくるツアー」などと揶揄されているようですが、訪問国側…

子どもたちを狙う嫌がらせ動画「エルサゲート」の撃退方法

「エルサゲート」動画は日本語タイトルでも配信されていた 先日発表した「エルサゲート」についての記事に大きな反響をいただいております。記事中で「日本語圏ではまだこのような動画の氾濫は見られない」という旨のことを書いてしまったのですが、調査を進…

ローガン・ポールに対する有名YouTuberたちの反応まとめ

(ローガンが渋谷で暴れた動画で背後にたまたま映りこんでいたいわゆる「キリスト看板」をキリスト看板ジェネレータの復活 (β)を使用させていただき再現しました) まだまだ炎上が収まる気配がないローガン・ポール事件ですが(このあと何食わぬ顔でYouTube…

子どもたちを狙う危険な動画コンテンツ「エルサゲート」って何だ?

日本ではまだ知られていない新語「エルサゲート」 日本で度が過ぎる迷惑行為の数々を行ったYouTuber、ローガン・ポールの件についてフェイスブックに書いたら、さすがに世界的に大炎上している事件だけあって友人たちからえらく反応がありました。 そのうち…

あけましておめでとう!今年はエストニア独立100周年!

あけましておめでとうございます。みなさんお元気ですか? お正月はどのようにお過ごしでしょうか。わたしは大晦日から翌朝まで学生寮で友人たちをパーティーをしていましたが、年越しはタリン中心部の「自由の広場」に出かけて新年の到来を祝っておりました…

貧困層は子どもを持てない日本、経済力に関係なく子持ち率の高いエストニア

日本は「経済力によって子どもを持てるかどうかが左右されてしまう」国 さいきん周りで結婚したり子どもが生まれたりという話をよく聞くんですよね。日本の友達のことではなくて、エストニアで知り合った、主に大学での友人たちの話です。 「学生結婚をして…

今年もいろいろあったネ!エストニアの10大ニュース2017

(ラエコヤ広場のクリスマス市場/タリン) 今年も間もなく暮れようとしています。わたしは冬休みの間にもエッセイの課題や試験があるのであまりのんびりブログを書いていられないのですが、せっかくなのでここらで2017年を振り返ってみましょうかね。 「エ…

「外国人技能実習生像」が建立される日

20XX年。 アメリカ西海岸の州にある街、G市。この街の市議会では、「日本国により奴隷労働を強いられた外国人技能実習生の像」の建立の是非をめぐって公聴会が開かれていた。 「日本政府は、国際的な非難をあびていたにもかかわらず、長きにわたりアジア各国…

「日本スゲー!!」の次は「日本ヤベー(悪い意味で)!!」のブームが来るかな??

「日本スゲー本」は「爺さん向けの紙のキャバクラ」 9月に北京の大学から来た留学生、「日本に来て久々に現金に触りました!」「寮に暖房がないので、こんなに寒い冬は久しぶりです!」等々、中国の一昔前の生活を日本で満喫している模様。 — desean takaha…

BBC日本語版が高須センセイに「配慮」されていらっしゃるっぽい件

BBC日本語版の報道が本家と大幅に違うという事実 前回に引き続いて「昭和天皇独白録」関連の記事です。 <前回の記事> www.from-estonia-with-love.net 高須クリニック院長による「昭和天皇独白録」原本の落札は国際的なニュースになりましたが、日本と海外…

ネトウヨさんたちは「昭和天皇独白録」について何か勘違いしているのでは?

本日12月8日は太平洋戦争開戦の日ですが、日本では終戦後に記された文書についての話題で盛り上がっているようですね。 www.japantimes.co.jp ポツダム宣言受諾以降、「いかに天皇の戦争責任を回避して皇室を存続させるか」は日本政府にとって最重要課題だっ…

高度技能外国人からの人気、日本は見事にアジアでビリッケツ

「高度技能人材からの人気」日本はアジア最下位 先日のジャパンタイムスに掲載された『高度技能人材からの人気、日本はアジア最下位』という記事が話題になっているようです。 www.japantimes.co.jp Japan ranks last among 11 Asian nations for its appeal…

「慰安婦問題」っていつまで蒸し返し続けたら気が済むの?

当たり前のことですが、この件はただでさえ人権状況について批判されることが多い日本の国際的評判を、さらに引き下げようとしています。世界中から「そうか、やはり日本はかつての侵略戦争や植民地支配を反省していないんだ…」とドン引きされています。