エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

英語

機械翻訳の進歩で英語学習が不要になる日は来るのか

けっきょくインターネットの共通語は英語なわけで 何度か書いていますが、わたしはエストニアの大学の留学生向けコースに在籍していて、受講している授業はすべて英語で行われています(外国語科目を除く)。また、入学時点で「ヨーロッパ共通言語参照枠にお…

7か国語を操る語学の達人が教える「効果的に外国語を学ぶ方法」

7か国語を自在にあやつるイタリア人 それほど広くない地域に多数の国々がひしめくヨーロッパにおいて、第一言語以外にいくつかの外国語を話せる人というのはそれほど珍しくありません。 エストニア人はたいていトライリンガル(3か国語話者)で、エストニア…

なぜ日本の英語教育はかくもダメダメなのか

YouTuber が語る「日本の英語教育のここがダメ!!」 みなさんこんにちは。 このほど今セメスターの成績がすべて発表されまして、今期も無事、一単位も落とさずに修了できました。ひとつエッセイで満点をもらった科目があったのが嬉しかったです。わたしは会…

海外留学するために必須の語学力とはどの程度なのか

「正規留学に必要なレベルの英語」でよいのならば日本国内でじゅうぶん習得可能

世界各国のYouTuberたちが語る「日本のここが大嫌い!!」(その2)

前回に引き続き、日本に滞在している・滞在した経験がある外国人 YouTuber のみなさんによる「日本の大嫌いなところ」を紹介します。むかし竹村健一が言っていたとおり、日本の常識は世界の非常識、なのか……!? 名古屋と東京に住んだブラジル人が語る「日本…

世界各国のYouTuberたちが語る「日本のここが大嫌い!!」(その1)

世界の YouTuber のみなさんからの「日本へのダメ出し」を紹介します 英語ができるようになってよかったことのひとつに「海外の YouTuber のビデオを楽しめるようになったこと」というのがあります。インターネットのメイン言語は英語ですから、YouTuber た…

「日本では英語を使う機会がないから上達しない」とお嘆きの方に贈る英文ライティングのすすめ

おなじみ「なぜ日本人は英語ができないのか」問題 「はてなブックマーク」を覗いていたら、こちらの記事を見つけました。 shijinblog.hatenablog.com 「なぜ日本人は英語ができないのか!」 これってかなり定番の話題ですよね。ありとあらゆるところで議論さ…

英文ライティングのための超おすすめ書籍

留学においては「ライティング能力」がいちばん重要 「ヨーロッパの大学に通う」というのは、「週末をレポート作成に追われる」と同義といっても言い過ぎではありません。ご存じのとおり日本以外の国の大学は宿題がたくさんでるのが普通で、「授業前に参考図…

ヨーロッパ留学のための TOEFL(R) 攻略 【例文集・単語集編】

引き続き「ヨーロッパ留学のためのTOEFL(R)攻略シリーズです。 ちなみに前回のはこちら。 www.from-estonia-with-love.net 今回は【例文集・単語集編】です。 これは留学中の現在のほうが強く感じることなんですが、アカデミックな場での英語運用について圧…

留学生活2年目のピンチ

近況報告 みなさまごきげんよう。 最近ブログの更新も滞り気味ですが、このところ学業がやたら忙しいのですよ。 朝10時に大学に着いて午後2時まで授業を受けて、そのあと夜11時までひたすら勉強、といった感じの日々を送っております。学期末の試験週間が1か…

ヨーロッパ留学のための TOEFL(R) 攻略 【公式ガイドブック編】

「よし、来年から海外留学することに決めた!」 「進学希望の大学も決めた!」 「さっそく準備を始めよう!」 と決意を固めたあなた。続いて、 「どうやら英語の運用能力を証明するために、TOEFL(R) というのを受けなければならないらしい」 「出願に必要な…

ネイティヴと非ネイティヴの立場が逆転した英語世界でいま起こっていること

ネット上の英語学習関連のサイトを覗いてみると、 「ネイティヴならこう言う! 日常会話で使える表現」 とか、 「使えるとカッコイイ! アメリカ英語のスラング」 といった、「インフォーマルな場面のみで使われる会話例文集」の類がたくさん見つかりますが…

リスク回避のための英語習得

「経済的理由で国内の大学に進学が困難」という理由での海外留学が増加するのではないかという予想 以前書いた「日本の大学に進学するよりヨーロッパ(※英国を除く)に留学したほうが安上がりというお話」という記事が結構たくさん読まれたんですが、ツイッ…

「ネイティヴに伝わる英語・伝わらない英語」なんて気にしない

まだ日本で働いていたころ、昼休みに立ち寄ったコンビニの雑誌コーナーで、英会話教師として有名なあるアメリカ人が書いた本をたまたま見つけて、ちょいと手に取ってみたことがあります(この方、非常に多くの著作があって、なかでも英文ライティングについ…

ラムネとレモネード

「ラムネ」と「レモネード」はそれぞれ別種の清涼飲料水だと認識されているかと思いますが、外来語としての語源はどちらも "lemonade" ですよね。 カタカナ読みで「レモネード」と、英語の発音により近い感じがする「ラムネ」。 こんな感じで「同じ語源から…

大正イングリッシュ

ちょっと興味があって「昭和時代の英語教育」についてネットで検索していたら、面白い記事を発見しちゃいました。昭和どころか大正時代! kaishaku01.hatenablog.com いやー興味深いですなー。てか、写真の和文英訳の練習問題と思われるページ、これちょっと…

学部留学に必要な語学力をできるだけ低予算で身につけてみる、の巻

ツイッターにて「留学にあたって、英語についてはどのように準備したのか、語学学校に通ったりしたのか」という質問をいただきました。 私は語学学校には通わず、独学をベースに、英会話のオンラインレッスンを1年半ほど受けて、なんとかタリン大学に出願可…