エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

大正イングリッシュ

ちょっと興味があって「昭和時代の英語教育」についてネットで検索していたら、面白い記事を発見しちゃいました。昭和どころか大正時代!

 

kaishaku01.hatenablog.com

いやー興味深いですなー。てか、写真の和文英訳の練習問題と思われるページ、これちょっと難しくない??

 

「紳士は反物を九ヤール買ひました」

「商人は縮緬一反に木綿を二反買ひました」

 

The gentleman [merchant] bought... まではいいとして、「反物」って英語で何て言うのよ(笑) a roll of kimono cloth とかでいいのかな?

「ヤール」は長さの単位の「ヤード」のことなんだろうけど、反物をヤード単位で買うシチュエーションなんて存在したのだろうか(笑)

 

オンライン辞書で調べてみたところ「縮緬」は "crepe"。スイーツのクレープと同じなのか。へぇ~!

 

正答例を見てみたいものですなー。