読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エストニア共和国より愛をこめて

北欧の小国に留学中の大学生が当地への留学や観光、社会生活についての情報などをお届けします

長谷川キャスターの炎上と日本の「反・近代」ブーム

f:id:kinotoshiki:20161103232246j:plain

「中世」の街並みが保存されているタリン旧市街

 

新学期が始まってからは日本のニュースもあまりチェックしていないのですが、例の長谷川キャスターの炎上についてはひととおり読みました。なんというか、いかにも今の日本のダメなところが凝縮された事件だなーと思いまして。

「どうして弱者切り捨てがダメなの?」
「なんで生命の選別がダメなの?」
「だって社会保障って有限でしょ?」
「問題提起するのもダメなの?」
「ただの素朴な疑問なんだけど?」

といった類の「中世ばんざい!」みたいな思考、日本のみなさんは異常なくらい大好きですよね。

「そうだ!! よくぞ言ってくれた!!」
「こういった正論は聞いてスカッとする!!」
「舌鋒鋭いというのはこのような意見のことだ!!」
「本音をズバズバ言っちゃえる言論人こそ必要!!」

などと熱狂的な大喝采を浴びるのが常です。こりゃ長谷川キャスターの人気も急上昇してしまうんだろうなー、テレビから引っ張りだこになるんだろうなーと思っていたら、なんとまったく真逆の方向に行っているようでびっくりしました。この落ちぶれ国家にもわずかながら良心は存在したんですね。意外でした。

日本だとこの手の発言を退けるのが面倒くさいので大変ですね。わたしがわざわざ北欧に居を移した理由は「落ちぶれるいっぽうの三流国にこのまま住み続けても将来がなさそうだから」というのももちろんですが、それ以上に「日本の人権水準がアレすぎるので」というのが大きいです。「今回の長谷川キャスターみたいな発言がまかりとおる国に住むのはおっかないから」と言っても大げさじゃなさそう。

ご存じのとおりヨーロッパでは多くの国でヘイトスピーチが法律によって規制されていますが、今回の長谷川発言くらいのレベルになると国によっては刑事罰の対象になりえるんじゃないかなあと思います。ちょっと前に英国でニュースになったfacebookダウン症患者への差別発言を行ったリアリティ番組の出演者に懲役8週(執行猶予1年)の判決が下された」という事件を思い出した方もいらっしゃるのでは。

www.mirror.co.uk

ただ、わたしが指摘したいのはもっと根本的なところなんですよね。

ヨーロッパの場合、もし「どうして弱者切り捨てがダメなの?」みたいな質問をされたとしても、

「だって、それが『近代』だから」

で話を終えることができるので、もうすっごくいろいろラクなのですよ。そこから先は説明する必要がないですから。もちろん相手もそれ以上言い返すことができません。「『近代』か…ぐぬぬ」と黙るしかありません。

「我々の社会は『すべての人に基本的人権アプリオリに存在する』という合意のもとに成り立っている、ということになっているからね。『近代』っていうのはそういうものなの」

と説明してしまえば、

「そうか『近代』か、じゃあしょうがないなー」

で話が終わります。それ以上話を進めようがないんだから当たり前なのですが。

ヨーロッパは市民革命によって封建制度を壊して近代国家を打ち立てる、という経験をしていますので、「基本的人権」が「近代」の根本をなす概念であるということが民衆のあいだで共有されているわけですね。こんなベーシックなことにいまさら「素朴な疑問」を投げかけられても、「近代社会ってそういう前提で成立してるんだからとうぜんでしょ? 何言ってんの?」って話です。

これが日本だと大変ですよ。「はあ?『近代』ってなんですか?」という話になってしまうので、もうめちゃくちゃに面倒くさいのですわ。そこまでに至る過程をぜんぶ説明しないとならないという。ほんと、この点に関してはヨーロッパに来てよかったなあと心から思います。街並みが綺麗とか文化が好きとか以上に気に入っている点です。

長谷川キャスターは意外にもメディアから追放されつつあるようですが、これは相当な特殊例でしょうねえ。長谷川さんレベルの発想を恥じない言論人気取りがいくらでもいて、大阪を中心にテレビにもたくさん出ているみたいですから。野蛮な発言をすればするほど「みんなが言いたくても言えない『正論』をズバッと言ってくれる人!!」みたいな感じでもてはやされてしまうんでしょうなー。

というわけで、日本では「中世っぽい考え方こそカッコイイ!正論!」という「『反・近代』ブーム」が到来中なんだと考えると、いろいろわかりやすいんですよ。「反・近代」のみなさんにとっては「基本的人権」だとか「社会福祉」みたいな近代国家的発想は「絶対に打倒せねばならない敵」ですからね。「子どもの貧困について考えてほしいのです」などと社会に物申す高校生がNHKに出ていたら、そりゃ全力で潰しにいくでしょう。

いやー日本はいろいろ倒錯していておっかないですね。そろそろちょんまげとか島田でも結い始めるのではないかと心配しています。やっぱり日本に帰るのは怖いので、卒業後はなんとしてもこちらで仕事を見つけないとな……。