エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

エストニアには寿司レストランがびっくりするほど多い

f:id:kinotoshiki:20170808210103j:plain

(写真:エストニア第2の都市・タルトゥにある寿司バー『ヤクザ』)

ハンバーガーショップよりもパスタ屋よりも寿司レストランが多い街

先日このブログをお読みになってわたしにご連絡をくださったエストニアに来訪中の日本人起業家の方とお会いして来たんですが、その際に「タリンってハンバーガーショップやイタリアン・レストランよりも寿司屋のほうが多いんですよ!」という話をしたら少し驚いていました。

他のヨーロッパの国々でも寿司レストランや寿司バーは普通に見られますが、タリンには街の規模に比較して特に店舗数が多いような気がします。

もちろんタリンに限らず、エストニア第2の都市であるタルトゥや海辺のリゾート・パルヌでも寿司レストランは見かけたので、「寿司はエストニアでもっとも人気のある外食メニューのひとつ」と言っていいと思います。

日本人シェフが腕を振るう高級店から、デパートのフロアの一角にあるテイクアウト専門店までいろいろですが、いずれも共通するのは「ヨーロッパ人の味覚に合うようにオリジナル(?)の寿司からは大なり小なりアレンジされている」ということでしょうかね。実際にどんな味なのかはぜひ現地に来て試してみてください。

それではここでわたしの住むタリンにある寿司レストランをいくつか紹介しておきますので、「エストニアの寿司を味わってみたい」という方はご参考にどうぞ。

タリンにある個性的な寿司レストラン

SUSHI CAT

http://www.sushicat.ee/

このお店は日本のメディアにも「なぜか店員が猫耳を付けていたりコスプレしていたりするお寿司屋さん」としてたびたび取り上げられています。エストニアを取り上げたテレビ番組に頻繁に登場しているはずなのでご存じの方もいらっしゃるかも。

わたしも友人と何度か訪れたことがあります。またエストニア人の友だちのひとりが以前このお店でアルバイトをしていたようです。

www.youtube.com

SUSHI PANDA

http://sushipanda.ee/et/

日本食である寿司をメインに提供しているのになぜか中国のシンボルである動物の名前がついているレストランです。たまにパンダの着ぐるみが店の前でプロモーションをしています。

メニューを見てみるとすべての巻き寿司に「オーサカ」とか「トクシマ」とか日本の地名が冠されていて面白いでしょ。

f:id:kinotoshiki:20170808212010j:plain

TOKYO 55

http://www.tokyo55.ee/

現在タリン市内に2店舗があるようです。仲良しのエストニア人の子が教えてくれた店で、わたしの誕生日にここでディナーをしました。

f:id:kinotoshiki:20170808212409j:plain

日本人シェフのいるお店

タリンには日本人シェフや日本食を学んだ現地シェフが腕を振るうレストランもいくつかあり、いずれも人気店です。わたしが実際に行ったことがある3軒を紹介しましょう。

なお、いずれのお店も寿司以外にもさまざまなメニューを提供している日本料理店です

HAKU

http://haku.ee/

タリンきっての高級住宅地であるカドリオルグ地区にある非常にリッチな雰囲気のお店。

TOKUMARU

http://tokumaru.ee/

タリン中心部にあるデパート「ソラリス」の2階にお店を構えています。リーズナブルなお値段の人気店。

YUI

https://www.yuiresto.ee/

タリン大学のすぐ近くに昨年開店したレストラン。内装もとても凝っています。

f:id:kinotoshiki:20170809175351j:plain

 

エストニアを訪問する日本人観光客のほとんどが「他の北欧諸国を周遊するついでに」タリンに立ち寄るパターンだと思いますが(笑) エストニアの物価はノルディック諸国に比べると格段に安いので、「旅の途中にどうしても日本食が食べたくなった」という場合にはタリンで済ませるのがおすすめですね。