エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

外国人の疑問「どうして日本人は給料が安いのによく働くの?」



日本の「異常な長時間労働」の理由とは?

前回に引き続き Quora からの話題です。今回紹介するトピックはこちら。

「どうして日本人は給料が安いのによく働くの?」

なおこのお題のきっかけとなったのは次の「日本人のジャーナリストが長時間労働の末31歳で過労死した」というニュースのようです。

www.washingtonpost.com

それでは回答をいくつかピックアップしてみましょう。

Szabolcs Varga さん (信州大学卒/IT業界)

日本人の非効率な長時間労働の原因は「同調圧力」と「根性論」のコンビネーションだ。*1

日本には集団主義の風習が根強く、問答無用で「先輩は尊敬するもの」「後輩は面倒を見るもの」ということになっている。

また、日本には文字通り "国家レベル" で極端な同調圧力が存在するので、「他の人たちが残業しているから、自分も残業しなければならない」という発想になる。だから上司が帰るまで部下はだらだら残り続ける。この掟を破ろうとする者が現れようものなら他の人間が許さない。

この日本独特の極端な同調圧力というのは中世の村落共同体をベースとする稲作文化に端を発するものだと思う。当時からの「村八分の掟」みたいなものが現代に継承されているんだよ。

日本人は「成果」ではなく「どれだけ根性を出したか」を重視する。例えば学校の野球部なら「他校が日曜日に5時間練習していた。ならば我々は6時間やろう!」みたいな根性論に陥る。「どれだけ効率的にやったか」ではなくて「どれだけ無意味なことを長時間かけてやったか」が問われるのが日本なのだ

Edward Ray さん(1991年より日本在住)

多くの人が「日本人は非効率に長時間だらだら働いているだけ」と言うけれど、ここ10年くらいでそういっただらだら残業は激減していて、ほとんどの労働者が本当に過重労働を強いられている。電通社員の自殺事件をきっかけに各社の労働時間管理も厳しくなったが、依然タイムカードに残らない持ち帰り残業があるようだ。

「なぜ日本人はよく働くのか」だが、日本の労働者は自分たちが会社の歯車であることを理解しており、また「連帯責任」という概念があるために、自分が失敗をすると自分以外にも迷惑が及ぶと考えているからだ

次に質問の「給料が安いのに」という部分について。確かに日本企業の賃金は欧米よりは低いが、そこまで変わらないはず。日本の大企業はそこそこの給与を払い、またボーナスという制度があるので労働者も特に文句を言わずに働いている。

Sulimon Sattari さん(北海道大学博士研究員)

多くの回答が日本の集団主義のネガティヴな面を指摘しているし自分も同感だが、ポジティヴな面もあると思う。

日本人は労働にプライドを持っていて、金のために働いているわけではない。だからたとえ賃金が低かろうがきちんとしたサービスを提供する。個人の利益にはならなくても、社会の利益になる。

あと、西洋人は「適度に休みを取ったほうが生産的」ということを知っているが、日本人は「休みを取ることは恥」だと考えている。休みを取らないから仕事の生産性が落ちて、それをさらなる長時間労働でカバーしようとするために燃え尽きてしまったり、最悪の場合は過労死に至ってしまう。

日本人特有の「スパイト行動」とは?

日本の長時間労働についてはヨーロッパでも広く知られていて、わたしも学生たちかもたまに解説を求められることがあります。やはり個人主義の傾向が強い大陸ヨーロッパの人たちにとっては「日本人の集団主義」はとても奇異に映るようです。また「根性論」というのも日本以外では通用しない考え方なので、「結果を出すことよりも、どれだけ根性を出したかが大事」「効率よく働くことよりも、長時間働いたほうが評価される」みたいな発想は非常に理解が難しいみたいです。

最初の回答者の Szabolcs Varga さんが指摘する「日本特有の同調圧力」については、労働経済学を研究している人たちが注目しているらしく、

「相手に損を与えるためならば、たとえ自分が損をしてでもかまわない」

(例:定時で帰るやつがいるのは許せないので、自分の帰りが遅くなってでもみんなで残業)

という行動様式を「スパイト行動*2と名付けているようです。

また、こういった日本特有の行動様式について社会心理学的アプローチから解説した名著に安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)」というのがありまして、大変面白い本なので「どうして日本人はこうも足の引っ張り合いが好きなんだろう」と思っている人はぜひご一読ください。

*1:原文: it’s a combination of peer pressure and stupidity

*2:spite=いじわる