エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

大坂なおみ選手の記者会見での混乱、通訳のミスが原因では??


テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝した件ですが、エストニアでも報道されています。

sport.err.ee

エストニア出身のカイア・カネピという女子選手が世界的に活躍しているためか、エストニアにおけるテニスの人気は比較的高いようです。昨年の全米オープンの3回戦で大坂を破ったのがこのカネピなので、大坂選手を覚えていたエストニア人も多いことでしょう。

 

www.instagram.com

さて。若くして偉業を成し遂げた大坂選手ですが、日本との多重国籍であること、アメリカで育ったために日本語が流暢でないことを理由に心無い言葉を投げかける人も多いようで残念ですね。

大坂選手は日本に帰国した直後に記者会見を開いたとのことですが、その場で質問をした記者が「不躾な質問をした」などとして批判を受けているようです。

 「記者が強引に人種差別問題に関連付けようと質問したが、仕切りの通訳さんが上手にかわした!」とするまとめも登場しています。

togetter.com

それに対してこのような指摘も。

正確にはどのようなやりとりがあったのでしょうか。会見の動画の該当箇所をチェックしてみました。

www.youtube.com

記者 「ハフィントンポストの濱田です。このたびは優勝おめでとうございます。

海外の報道などで、大坂さんの活躍ですとか存在というのが、古い日本人像を見直したり、考え直したりするきっかけになっているというふうな報道があるんですけれど、ご自身のアイデンティティという面も含めて、そのへんをどのように受け止めていらっしゃるのかお考えを聞かせてください」

通訳 「Foreign media, they are saying that...that your performance and victories remind us of (...) an old style of Japanese. How do you think of those comments, and what do you think of your own identity?」

(海外メディアが『あなたのパフォーマンスや勝利が古い日本のスタイルを思い起こさせる』と言っているが、そのようなコメントについてどう思うか。また、あなた自身のアイデンティティについてどう思うか)

大坂 「Me? I'm old style (...)??」

(わたしが? わたしが古いスタイルの…??)

通訳 「...remind everyone of an old Japanese style...」

(みんなに古い日本のスタイルを思い起こさせると)

大坂 「Tennis??」

(テニスについて??)

通訳 「Nah... I haven't really seen the articule...」

(いや、わたしはその記事を読んでないから…)

大坂 「Tennis??」

(テニスについて??)

以降も大坂選手は「その『古い日本のスタイル』ってのは、わたしのテニスのスタイルのことを言っているの??」と混乱したまま回答を続けています。

たしかに記者さんの質問もいまいち冗長でしたし、国籍やアイデンティティというのは繊細な話題なのでメディアも気をつけて扱ってほしいのですが、少なくともこの会見での混乱の原因は「単に通訳さんがミスったため」ではないかと思います。いかがでしょうか。

※英語の聞き取り部分に間違いがありましたらご指摘ください。

※テニスラケット画像は単にアイキャッチに使いたかっただけで本文とは関係ありません。

ヨネックス(YONEX) 軟式テニス ラケット マッスルパワー 200XF 【ガット張り上げ済】 MP200XFG フレッシュグリーン(469)

いろいろ反応があったので続編を執筆しました。

www.from-estonia-with-love.net