読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エストニア共和国より愛をこめて

北欧の小国に留学中の大学生が当地への留学や観光、社会生活についての情報などをお届けします

北欧の極右集団「オーディンの戦士たち」

北欧の在特会?「オーディンの戦士たち」

日本に比べればはるかにリベラルで民主主義も高度で社会福祉制度が発達している北欧ですが、それでも面倒くさいネトウヨ集団は生まれてくるんですねえ。

近年「新しいタイプの極右集団」として、「オーディンの戦士たち」なる団体が台頭してきているみたいなんですよね。

この団体は移民が増加しているフィンランドが起源で、「フィンランドを移民たちの犯罪から守る!」などという名目で自警団を作ってそのへんをウロウロしているみたいなんですよね。ま、所詮は裁量な排外主義者ですから、日本の在特会とそう変わらないような連中でしょうね。実際にはかつての在特会のほうがよっぽど狂暴だったとは思いますが。

で、この「オーディンの戦士たち」なんですが、昨年の冬になって「エストニアにも支部ができた」というニュースが報じられました。「なんか変なのが出てきたねー」と、一般のエストニア人たちも面倒くさがっているようです。

www.delfi.ee


Odini sõdalased Tallinnas. Eetris Radaris 1. märtsil 2016

ついに「オーディンの戦士たち」を発見した!!

しかしまあ、「自警団」を名乗っているわりには、街を歩いていてもさっぱり彼らを見かけないんですよねえ。わたしはバーやクラブに遊びに行くのが大好きなので夜はたびたび出歩くのですが、「戦士」のみなさんに出くわしたことは一度もありません。ちゃんと夜警活動やっているのかしらね?

……ところが。

2か月前に「2月24日にエストニアの独立99周年を祝う行事が華やかに開催されましたー」という記事を書きましたが、この独立記念日の日についに「戦士」のみなさんにお目にかかることができたんですよねー。

祝典会場からの帰路の途中で、タリン市中心部にあるタムサーレ公園に人だかりができているのを発見したのでした。何かイベントが行われているのかな、と思って近づいてみたら……。

f:id:kinotoshiki:20170311130835j:plain

このお揃いのジャケット! 「オーディンの戦士たち」ではないですか。「戦士」たちを生で見たのは初めてでした。

f:id:kinotoshiki:20170311060931j:plain

f:id:kinotoshiki:20170311060935j:plain

f:id:kinotoshiki:20170311060934j:plain

f:id:kinotoshiki:20170311060933j:plain

集会に堂々と潜入して写真を撮りまくっていたのですが、参加者の誰からも特に気を留められず。警官が2人警備についていましたが、アジア人であるわたしが彼らの目の前を通って集会の輪に入っていっても何も言われませんでした。

いやーわたしが東京で在特会の集会に潜り込んだら速攻でつまみ出されますからね~。久しぶりに極右を間近で見ました。

ま、今回はこんな感じでちょっと写真を撮っただけなんですが、もし機会があったらいちど取材してみたいんですけれどね。

てなわけで、続報にご期待ください。