エストニア共和国より愛をこめて

北欧に位置する人口130万ほどの小国・エストニアに暮らす大学生が、留学・観光・社会・市民生活などの話題を中心にさまざまな情報をお届けします。

「PCは借りろ」の日本、「ネット接続は国民の権利」のエストニア


f:id:kinotoshiki:20171128091108j:plain

(ラエコヤ広場/タリン)

「生活保護受給者よ、PCは他人から借りろ」という日本の司法判断

なんかここ最近、日本から届けられるニュースがどれもこれもろくでもないんですよねえ。

「生まれつきの髪色を染色するように教諭から強制されて深刻な心身の被害を受けた高校生が大阪府を提訴」

「熊本市議会が議場に乳児を連れてきた女性議員を処分へ」

「各地の中学校で生徒に素手で便所掃除を強制する運動が盛ん」

「日本のネトウヨによる大規模な嫌がらせの結果、サンフランシスコ市議会が少女像の受け入れを全会一致で可決」

とか、ちょっとこの国の人権水準っていったいどうなってるんですかね、みたいなニュースが連続してますよね。

こういったニュースの多くは海外メディアも報じていて、「うわっ…日本の人権レベル、低すぎ?」という印象が世界中に拡散しております。特にサンフランシスコの件は国際的な話題になっていますね。ネトウヨのみなさんお疲れ様、という感じです。

そしてこのたび新たに加わったのがこちらです。

headlines.yahoo.co.jp

もともと社会保障の貧弱さでは日本は途上国に負けていません。生活保護の捕捉率は世界屈指の低率で、「役所に申請に来る貧困者をいかに追い払うか」に力を入れるのが日本の福祉行政ですから、「PCは贅沢品! 人から借りろ!」と購入に使った分の保護費の返還を求める司法判断も「いかにも」という感じですねえ。

エストニア政府「ネット接続は国民の権利です」

ここでエストニアの話題に移りましょう。

このブログでも何度も書いているとおり、エストニアはバリバリの新自由主義国で、同じ北欧地域とはいえノルディック諸国とは福祉政策が全然違いますし、生活水準についてもいまだに大きな格差があります。

しかしエストニアはよく知られているように行政機能を電子化している国なので、「インターネットに接続する権利」については「市民生活に不可欠なもの」として保障しているんですよね。

エストニア政府はいまから17年も前の西暦2000年に、

「インターネットへの接続は、国民の基本的な権利として保障する」

という立法を行っているんですよ *1 *2

日本だったら「インターネットは贅沢品でしょ??」「生活保護を受給している人なんかにもインターネットへの接続をあたりまえの人権として認めろってこと?? ふざけるな!!」みたいな轟々たる非難がわきあがりそうですが、エストニアでは考え方が違うんですよね。エストニア政府としては、お金持ちであっても貧乏であっても、とにかく国民にはちゃんとパソコンを使えるようになってほしくて、インターネットに繋いでもらわないと困るんです。

だって、インターネットにアクセスできない(せっかく提供している電子行政サービスを使ってくれない!)国民が多いほうがよっぽど国家にとってコストでしょ?

あらゆる行政手続を電子化してしまったエストニアの場合、あたりまえですがインターネットに接続していないと電子ベースの行政サービスの恩恵に浸れません。電子署名も使えないし納税手続も自動でできないし選挙の時も投票所に行かなくてはいけませんからね。で、しかもそういった紙ベースのアナログなインフラって電子サービスに比べてずっとお金がかかるし、取り扱いも面倒くさいわけです。ネットは「贅沢品」どころか「行政コストの大幅削減を可能にしてくれるインフラ」なのですよ。

日本は電子化については世界にかなり遅れを取っていると言っていいと思うんですが、だったらなおさら「生活保護受給者がパソコン?! スマホ?! インターネット?! そんなものは贅沢品だ!!」みたいなことを言っている場合じゃないと思いますよ。

「低所得層からデジタル機器やインターネットに触れる機会を奪うって、これ長い目でみたらとんでもない国家的損失になるんじゃね??」

というのがわたしの考えなんですが、みなさんはいかがでしょうか。

おすすめ書籍

当ブログでも繰り返し紹介しておりますが、エストニアの電子化政策について知りたい方はまずこちらの書籍を。電子化によって行政コストはここまで圧縮できちゃいます。

未来型国家エストニアの挑戦  電子政府がひらく世界 (NextPublishing)

未来型国家エストニアの挑戦  電子政府がひらく世界 (NextPublishing)

 

*1:参照: Estonia, where being wired is a human right - CSMonitor.com

*2:なお、エストニアが強力に推進するこのIT普及政策はけっこう功を奏しているようで、2016年のインターネット普及率は91.4パーセントと、世界的にもかなり高位にあります 参照: Estonia Internet Users